2017年に100周年を迎えます

facebook

創立100周年記念ムック「成城学園 求るところ」

その他の教育改革の取り組み

教育改革
大学 /中学高校 /初等学校

3つの柱以外の教育改革の主な取り組みは以下の通りです。

主な取り組み(事業計画より抜粋)

[成城大学]

  • 教育改革を推進し、教育の質保証体制の構築を図るため「教育イノベーションセンター」を創設(2015年度実施)
  • 全学共通教育に関わる「共通教育研究センター」「国際センター」「キャリアセンター」が提供する授業科目の重要事項を調整するために「全学共通教育運営協議会」を組織(2015年度実施)
  • 「世田谷6大学コンソーシアム連携授業」を開始(2015年度から)
  • 新入生を対象に「汎用的能力測定テスト(PROG)」を実施(2015年度から経済学部・社会イノベーション学部先行実施。2017年度から全学部実施)。3年次での実施(先行した経済・社会イノベーション両学部にて2017年度から)
  • 原級留置(留年)者で前期末に卒業(修了)要件が満たされた者の9月卒業(修了)を実施(2017年度から)
  • 1授業の時間と半期の授業期間の見直しを検討。
  • 系統的履修のための「ナンバリング制度」や「セメスター制度」の検討
  • 初年次の基礎的教育の充実をめざした新カリキュラム導入(経済学部2017年度から)
  • 学部独自のキャリアプログラムの見直し(文芸学部2017年度)
  • 反転授業および双方向型授業の導入(法学部)
  • ピアチューター制度の導入
  • 「第2世紀成城コンピテンシー(仮称)」の策定
  • IR(インスティテューショナル・リサーチ)活動の体制強化
  • 武蔵大学との相互評価の実施

[成城学園中学校高等学校]

  • 入試広報部新設。校長・副校長・5部長に執行部体制を改編。
  • 中学校を1学年7クラス(各34名程度)に変更
  • 教育課程の変更を見据え、中学での道徳教育導入や高大接続の改革をにらんだ対応についての研究・準備。

[成城学園初等学校]

  • 英語の授業時間数増加に伴うカリキュラム大改革
  • 昼食のデリバリーシステムの検討

[成城幼稚園]

  • 新「幼稚園教育要領」(平成30 年度改訂予定)で示される、「幼児教育において育みたい資質・能力(3項目)」、「幼児期の終わりまでに育ってほしい姿(10 項目)」の各項において、遥かに高いレベルでの達成を目指し、その先進性が可視化されるようにする。
ページトップへ ページトップへ