2017年に100周年を迎えます

facebook

教育改革3つの柱「国際教育」の取り組み

教育改革
大学 /中学高校 /初等学校 /幼稚園

語学的教養を通じて国際性を強化する「国際教育」の実践。
数学的教養を通じて論理的な思考力を強化する「理数系教育」の充実。
そして成城学園伝統の、芸術的教養を通じて人間性を強化する「情操・教養教育」の深化。
これら3つの柱を中心に教育改革に取り組んでいます。

語学的教養を通じて国際性を強化する「国際教育」改革の主な取り組みは以下の通りです。

マクダナ
国際センターラウンジ

主な取り組み(事業計画より抜粋)

[学園全体]

  • 学園各校横断の「国際交流ワークショップ」(2012年11月開始)、「英語教育連携ワークショップ」(2013年6月開始)を経て、「成城学園英語一貫教育推進検討委員会」を設置(2015年12月)。同委員会において学園独自の一貫した英語教育プログラム構築を検討し、2016年5月に第1次答申=中高英語一貫カリキュラム基本構想、2017年1月に第2次答申=幼稚園・初等学校の英語一貫教育カリキュラム骨格の基本構想を発表した。

[成城大学]

  • 国際交流室を「国際センター」へ改組(2015年度実施)
  • 「夏期マレーシア短期海外研修」を授業科目化(2015年度から)
  • 「英語コミュニケーション能力判定テスト(CASEC)」を導入(2015年度から)。全学部新入生対象に実施(2016年度から)
  • 英語新カリキュラムを導入。少人数習熟度別クラス編成、セメスター毎クラス替え、レベル別統一教材を採用。国際センター連携の履修プログラム開始(経済学部2017年度から)
  • 新英語カリキュラムSEE導入(文芸学部2015年度から)
  • レベル別クラス編成に応じたE-Learning の活用(文芸学部)
  • 「外国語による授業」を見据え、教員の語学力の維持・向上(法学部)
  • 英語新カリキュラム導入(社会イノベーション学部2016年度入学生から)
  • 課外講座「毎日が英会話」開講(2015年度から)
  • 「成城国際教育プログラム(Seijo International Education Program: SIEP)」開始(国際センター2017年度)

[成城学園中学校高等学校]

  • 地球規模・世界規模で物事をとらえる教育の場として新校舎に「グローバルゾーン」を設置(2016年度)
  • 中学1年生、高校1年生にe-leaning のソフト(DynEd)を組み込んだTablet-iPad mini を配布し、「聞く」・「話す」(Oral)の自宅学習に活用(2017年度)
  • 新教科書(OUP: Oxford 大学出版局発行)への移行(2018年度予定)
  • 長期留学提携先(姉妹校)を追加(高等学校2016年度)
  • 中学3年生のブリティッシュヒルズ研修旅行(中学校2017年度)
  • 英語一貫教育推進検討委員会と連携した外国語教育改革の推進

[成城学園初等学校]

  • 1年生からの英語教育(2014年度から)
  • 5・6年生に新教科書(OUP: Oxford 大学出版局発行)採用(2017年度から)
  • 1・2年生週1コマ、3・4年生週2コマ、5・6年生週3コマへの移行準備
  • 4技能「聞く」「話す」「読む」「書く」を重視した教授方法に変更
  • 社会科「世界の国から」(単元)で成城大学交換留学生との交流
  • 「オーストラリア・ホームステイの旅」および事前学習「コアラ・タイム」の充実
  • 英語一貫教育推進検討委員会と連携した外国語教育の推進

[成城幼稚園]

  • 初等学校英語カリキュラムへの接続に向け、「遊び」や「生活」を通して「聞く」・「話す」に重点を置いた英語活動の実践・研究
  • 外国人講師による英語活動時間の増加
  • 外国語絵本や幼児向け英語教材の充実
  • 成城大学への留学生や高等学校姉妹校からの留学生などとの交流
ページトップへ ページトップへ