2017年に100周年を迎えます

facebook

創立100周年記念ムック「成城学園 求るところ」

澤柳記念講堂完成

教育環境整備
大学 /中学高校 /初等学校 /幼稚園

五十周年記念講堂をリニューアルし、名称も「澤柳記念講堂」と改めました。


タイトル

成城学園最初の大講堂は「母の館(かん)」(1928年2月落成)でした。その後、学園創立50周年を機に「五十周年記念講堂」(1967年3月落成)として建て替えられ、いずれも学園の「顔」として長く愛されてきました。学園創立者・澤柳政太郎生誕150年(1865年4月生)に当たる2015年、学園創立100周年事業の一環として大幅改修し、「澤柳記念講堂」として生まれ変わりました。
澤柳が松本市出身であることから、長野県産のカラマツ材22t(約39㎥)を内装に使用し、同じく長野県産のケヤキ材に彫り込んだ澤柳直筆の書「所求第一義」をロビーに掲げ、学園の「顔」に相応しい、伝統と品格ある建物となりました。

タイトル
講堂内の座席も一新。芸術に触れる機会の多い成城学園によりふさわしい空間に。
大規模な式典やイベントにも対応できるように、収容定員は約1,500人となっています。


澤柳記念講堂完成
一歩足を踏み入れると、そこに広がるのは木の温もりあふれる落ち着いた空間。

澤柳記念講堂完成
長野県産のケヤキ一枚板に彫り込んだ澤柳直筆の書「所求第一義」をロビーに掲げています。

2015年3月2日に、渡文明理事長や油井雄二学園長をはじめとする学園や建設に携わった関係者ら約80人が出席し、除幕式を行いました。

澤柳記念講堂完成

澤柳記念講堂完成

澤柳記念講堂完成 澤柳記念講堂完成

Googleインドアビューで講堂内がご覧いただけます。



建物概要

工 事 期 間 2014年5月から2015年2月(準備工事除く)
主な工事内容 ホール内装改修、客席更新、屋内気密化、舞台補修
外装改修、ロビー改修、楽屋整備
空調、電気設備、衛生配管等の改修・更新
             
名 称 澤柳記念講堂 (Sawayanagi Auditorium)
床面積5,438.67㎡
階 数地下2階、地上3階
建物高さ14.4m(設計GLより)
構 造鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
主要用途講堂
座席数1,570席(最大使用時)
竣工日2015年2月28日


ページトップへ ページトップへ