2017年に100周年を迎えます

facebook

大学教職課程履修者がBLSの講義を受講しました(いのちを守り合う成城ファミリー)

お知らせ

6月26日(木)、大学教職課程の「特別活動の研究」という授業の中で、BLSの講義が行われました。教員は子どもたちのいのちを預かる立場。その教員を目指す学生たちに、実際に教育現場で起こってしまった事故の事例を交えた講義や、AEDの取り扱い、胸骨圧迫の実践演習などを行いました。
この日、最初に行われたのは、学内にあるAEDの設置場所を確認すること。緊急事態が起きた場合は、傷病者の手当と同時に協力してくれる人にAEDを持って来てもらうことが大切です。そこで学生には時間制限を設け、講義が行われた教室から近い場所のAEDを携帯で撮影して戻ってくるというシミュレーションを行いました。「保健室の前にはあるはず」「人が多く集まる場所にもあるのでは?」と学生たちは考えをめぐらせながら設置場所を見つけていました。
事例の紹介や、胸骨圧迫、AED取り付けのデモンストレーションを見ている間も、学生たちの目はとにかく真剣。3~4人ごとにグループで、実際に自分たちで実践してみると、「思った以上に疲れる!」「自分でやってみようとすると手順がわからなくなってしまった」などの声が聞かれましたが、グループ内で声を掛け合い、協力して実践演習を行っていました。

高等学校運動部BLS講習会1
AEDを見つけ、写真に収める。こうして自分たちの足を使って確認すると、設置場所を忘れず、いざという時に慌てない。

高等学校運動部BLS講習会2
胸骨圧迫の適切なペースはどれくらいか、まずはデモンストレーションを見て確認。

高等学校運動部BLS講習会1
さまざまな胸骨圧迫の練習キットを使って感覚をつかむ。

高等学校運動部BLS講習会2
「疲れたら交代しよう」声を掛け合って実践を行った。

ページトップへ ページトップへ