2017年に100周年を迎えます
COUNT

成城学園カウントダウン

0 0 0 1

facebook

歴史

成城学園の歴史

1917(大正6)年、日本教育界の重鎮、澤柳政太郎が日本の初等教育の改造を志し、現在の新宿区牛込に成城小学校を開設しました。これが成城学園の歴史の始まりです。

第1回生が卒業を迎えるころ、「成城小学校の教育精神」に則った中学校の新設を希望する声が保護者から多く集まりました。そして1922(大正11)年、成城第二中学校を開設します。
1925(大正14)年には現在のキャンパスである東京都世田谷区の現在地に移し、同年開設した成城幼稚園をはじめ、1926(大正15)年には旧制7年制の成城高等学校、翌1927(昭和2)年には5年制の成城高等女学校を開設し、ますます発展していきます。

第二次世界大戦後の学制改革以降、旧制高等学校、高等女学校が廃止となり、男女共学の新制成城学園中学校、成城学園高等学校を設立しました。

歴史写真1

歴史写真2

さらに1950(昭和25)年には成城大学を開設し、経済学部、理学部を設置。理学部は1952(昭和27)年に廃止を決定しましたが、1954(昭和29)年に文芸学部、短期大学部(2007年廃止)、1977(昭和52)年に法学部を設置し、2005(平成17)年には社会イノベーション学部を設置し、4学部を擁する文化系総合大学として発展していきます。
4学部それぞれを基礎とする4研究科・10専攻から構成される大学院も設置しました。

澤柳政太郎の熱意で始まった成城小学校は、総合学園へと大きく発展し、現在に至っています。

創立者 澤柳政太郎

澤柳政太郎 写真

創立者・澤柳政太郎は、幕末の1865(慶応元)年、長野県松本市に生まれました。1888(明治21)年、帝国大学(現・東京大学)文科大学哲学科を卒業後、文部省に入省し、文部書記官、高等学校長などを歴任しました。

澤柳政太郎 写真
明治22年のころ 文部省入省当時

1898(明治31)年に文部省普通学務局長に就任すると、1900(明治33)年、第三次小学校令を改正し、義務教育の年限を4年から6年に延長したほか、教科書の国定化や義務教育の無償化など、現在の義務教育制度の基礎を整えました。1906(明治39)年、文部次官に就任。1911(明治44)年に東北帝国大学、1913(大正2)年に京都帝国大学と帝国大学の総長を務めました。

東北帝国大学総長の頃 写真
東北帝国大学総長の頃

東北帝国大学では、奨学金制度の導入や日本で初めて女性の大学入学を認めるなど、進学希望者の門戸を広げました。
1916(大正5)年、帝国教育会会長に就任すると、教師の待遇改革や教育研究の奨励などに尽力。海外にも早くから目を向け、欧州での教育動向の視察なども数多く経験し、世界教育学会など、世界各地で開催される会議や講演会に出席し、自ら英語で講演を行いました。

数々の重職を経験し、国際教育家としても活躍するなど教育界の中心的人物として知られていた澤柳ですが、本当の教育は小学校教育にあるという思いから、初等教育の新たな可能性を模索するようになります。
1916(大正5)年、澤柳は小学校の設立を条件に、私立成城中学校校長に就任します。そして、1917(大正6)年、後に成城学園へと発展する成城小学校が誕生するのです。

 写真

大正11年欧米教育視察の途中、エジプト 写真
大正11年欧米教育視察の途中、エジプトで

成城小学校では、子どもが本来持つ天分を伸ばすための教育を目指し、自学自習や少人数教育をはじめ、試験の成績を評価に用いない、といった実験的な試みを次々と実践しました。また、劇や音楽など芸術教育も早くから重視しており、これらの教育カリキュラムは現在でも引き継がれています。

澤柳は外遊先で罹った猩紅熱のため、1927(昭和2)年12月24日になくなりました。62歳でした。

教育研究所 澤柳政太郎について

ページトップへ ページトップへ